30代 妊娠 リスク

30代で妊娠するリスクって?|30代で妊娠希望
Line

30代で妊娠するリスクって?|30代で妊娠希望


ここでは、

30代で妊娠するリスクにはどんなことがあるのかについてお話しています。

30代で妊活中だったり、30代での妊活にはどんなリスクがあるのか興味がある方は、ぜひ読んでみてください。


Line

30代で妊娠するリスクにはどんなことがあるの?


30代で妊娠するリスクとしては、胎児の健康状態が良くない場合があるということがあげられます。

一般的に、ダウン症になるリスクはお母さんの年齢が高いほど増すといわれており、特に30代後半になると、発症する確率が上がってしまうのです。

健康な赤ちゃんを産むためには、できるだけ若いうちに妊娠しておいた方がいいといえるかもしれません。


Line

30代での妊娠は母体も危険なの?


30代で妊娠すると、赤ちゃんの健康だけでなく、お母さんの健康も損なわれてしまうことがあります。

妊娠というのは女性の体にとってはかなり大きな負担ですが、若いうちならその負担にも耐えられることがほとんです。

でも、30代になってしまうと、体は少しずつ老化しており、そこに妊娠による負担が加わることで、妊娠合併症が起こりやすくなるといわれています。

それに、難産になってしまう確率もあがるので、妊娠・出産の負担はかなり大きくなるでしょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 30代の私が妊娠した時に飲んでいたサプリはこれ(≧∀≦)

Line